ベタなニートのど真ん中ブログ

40代ニートの生態や思いを書いてます

空が青い

外を歩く。

空が青い。

すごくきれいだと思う。

ピンクの花が咲いている。

きれいだ。

なんでこんなに。

黄色い花が咲いている、緑の草原に。

きれいだ。

この地球上で青い空がきれいだと思えるのは人間だけかもしれないのに。

なぜその人間だけが地球を壊すのか。

いや、だからこそそう感じるのか。

そうでないと人間は際限なく地球を壊してしまうから。

自然はきれいでかけがえのないものなのですよと。

人間にストッパーをかけるように。

動物は自然はきれいだとは思っていないだろう。

それが当たり前でそれを壊そうとする動物はいないから。

その動物や植物も自然の一部で人間だけが仲間外れになってしまった。

元々は人間もそこにいたはずなのに。

周りの迷惑も考えずやりたい放題やってきたから。

地球から総スカンを食らってしまった。

 

空が青い。

毎日散歩してるとそんなことを考える日もある。

 

今日のスウィーツ 草だいふく