ベタなニートのど真ん中ブログ

40代ニートの生態や思いを書いてます

岡村隆史のオールナイトニッポンを聞いて

昨日深夜一時、これまで毎週二十年以上そうしてきたように岡村隆史オールナイトニッポンを聞いた。

 

先週この番組でした岡村さんの発言への批判が大きくなる中でどんなことを話すのか。

自分は先週聞いていて一瞬、今のは大丈夫かなとちらっと思ったがここまでの騒ぎになるとは思わなかった。

オープニングで謝ってその後は反省しつついつも通り気を取り直して放送するのかと思っていたが岡村さんの声の調子は重かった。

謝罪から始まって一言一句考えながら反省の言葉を述べる声から、この一週間真面目な彼が思い悩んできたことがうかがえる。

 

オープニングが終わっても変わらない岡村さんのトーンに、今週はこの調子で最後までやるのかと思っていたところに「やっちまったな!」と矢部っちが入ってきた。

恐らく岡村さんは矢部っちが来ることを知らなかったんだろうけどそれに対してのリアクションもなく、聞いている人は皆矢部っちだと分かってはいただろうけど岡村さんが矢部っちを紹介することもなければ矢部っち本人も「矢部です」と一言も言わないまま放送は終わったと思う。

 

おお、矢部っち来てくれた。よかった。と思ったが矢部っちの言葉はきつかった。

今まで風俗キャラとかを作ってきてリスナーへのサービスのつもりで言ったんだろうけどそういう言葉が出てくるという事は岡村さんの中に男尊女卑の精神があったんだと。

自分がこの番組をやめたり今まで一緒だった楽屋を別々にしたりしたのは岡村さんの変化や気になる部分が出てきて距離を取ったのだと。

他にも最近の岡村さんの言動で気になったこと、女性の話になった時のおかしなこと。

他の人が言ったら炎上するようなことでも岡村隆史だから許されていた部分など。

岡村さんはただ「うん、うん」と聞き何度も謝っていた。

 

自分は岡村さんが本当に反省していることが分かったし、間違ったことを言ってしまったけどこれからは考えを改めてまた楽しい姿を見せてくれると信じている。

 

間違ったことをした人には罵詈雑言を浴びせてもいいのか。

そんなわけはない。

批判をするならちゃんとした言葉でどこが間違っているのかを丁寧に言うべきだし、その際自分の正義が本当に正しいかも疑うべきだと自分は思う。

間違った人に汚い言葉を浴びせる行為は間違った人よりも愚かで醜いことだと自分は思う。

批判してるつもりの多くの人にそう言いたい。

 

間違っても謝罪も反省もしない人も多いのに。

真摯に謝罪し反省している人が許されないなら、そんな不寛容な日本人は大嫌いだ。

 

重苦しい二時間だったけど久しぶりに二人での番組の締めの言葉は嬉しかった。