ベタなニートのど真ん中ブログ

40代ニートの生態や思いを書いてます

猫の尻

大掃除の季節だがやる気が全くでない。

両親はちょこちょこ始めているが自分は何もしていない。

まあやることはそんなにないんだけど。

年末差し迫ってくれば自然に出てくるかな。

 

午前中散歩に行こうとしたら雨が降って来たので昼過ぎに行ってきた。

いつも懸垂するポイントがどこも人がいたりしてできなくてストレス。

今年は鳥が多い気がする。

歩道を歩いていたら小さな鳥が目の前をぴょんぴょん跳ねていく。

遠くに逃げるでもなく跳ねて繁みに消えていった。

種類は分からない、ウグイスかな。

公園の奥の池の橋の所にはたまに人が来ないと思って油断したカモとかがいるので驚かさないようにゆっくり歩いていくと猫が橋の下のカモをじっと見ていた。

カモのほうが先に自分に気づいてゆっくり遠ざかっていったが猫のお尻は動かない。

更に近づいていったらようやく気付いてサッと離れてこっちを振り返った。

別に興味ないよーといった感じでそっぽ向いて歩いて行ったけどやっぱり逃げてしまった。

 

途中で雨が少し降ったけどすぐ止んで太陽が出てきたらすごく暖かかった。

今年は暖冬っぽい。

冬は寒いほうがいいな。

 

今日のスウィーツ ブルボン チョコリエール

四股

四股を踏んでいる。

寒くて足が冷えて来た時とかに。

ずっと同じ姿勢でゲームとかしてると血の流れが悪くなってきた感じがして肩凝ったりだるくなったりするのでそういった時とかにも。

他にも貧乏ゆすりしたり体伸ばしたり。

貧乏ゆすりしてる人のほうが健康ってデータもあるらしいし。

 

冷え性なので足が冷えて夜ベッドに入ってもなかなか足が温まらない。

足が冷たいうちは眠れないので足をこすり合わせたり寝ながら足を組んだり色々するけど思うようには温まらない。

なので寝る前に四股を踏んだり貧乏ゆすりしたり家の中を歩き回ったりして足を動かすようにしてみたら多少効果はあるようだ。

お相撲さんのように高々と足を上げた四股を踏んでみたいけど体が硬くて理想には程遠い。

股割りしてまでやろうとは思わないけど風呂上りにストレッチでもしてみようか。

 

今日の夜食 ポテトチップス

ヒーター

あんドーナツは以前のとあまり変わらずおいしかった。

大きさは二回りくらい小さくなっていたけど。

でも昨日は父親が九州旅行土産を持ってくるのを忘れてあんドーナツを買ってしまった。

まあ、あんドーナツもお土産も食べたけど。

 

寒い。

そろそろファンヒーターを出そうか迷う。

出すとつけたくなってしまうしな。

出来るだけ我慢はしたいと思う。

 

ファンヒーターをあまりつけない理由は、節約のためもあるし環境を気にしてというのもある、それに自分はできるだけお金を使わないようにしなくちゃという意識もある。

全部親の金なんだから。

後は自分ごときがそんなもの使って甘ったれんなよという自分からのツッコミとか。

といっても夏はエアコンをつけてしまうから、ファンヒーター我慢するからエアコンは許してくださいっていう逃げ道でもある。

 

常に罪悪感をもって生きているので自分への罰として寒いのくらい我慢しろと思ってる部分もあって、若いときは一冬ファンヒーターつけずに過ごしたこともあった。

何の意味もないことは分かっているんだけど。

はんてん着て足は毛布でくるんで1.5ℓのペットボトルにお湯を入れてそれを足の間に挟んだりして。

それでも、しもやけが出来たりして今思えばよくやったと思う。

今はだいぶ自分に甘くなってすぐファンヒーターつけちゃうけど。

 

ずっと甘ったれて生きてきたので少しでも甘ったれてない部分を作りたかったんだろうな。

ほんと意味ないけど。

 

今日は真冬用のパジャマ出して夜は過ごそう。

 

今日のスウィーツ 博多通りもん

 

 

あんドーナツ

車がないので雨の中傘を差してサンマガ買いに近所のセブンに行く。

あんドーナツが復活していた。

あんドーナツはセブンのが一番好きだったのに何年か前に無くなってしまって残念に思っていたから「おっ」となって買ってきた。

セブンオリジナルのじゃなくてフジパンだかヤマザキだかのは売ってたんだけどセブンのは外側がもっとカリッとサクッとしてたんだよな。

夜食べよう。

前と同じじゃないと思うけどおいしいといいな。

あんまり期待しないほうがいいかな。

今日も曇り時々雨

四日ぶりの散歩。

今日は寒くて風が強くて直前には雨がぱらついていたし風邪気味だったけど、雨で三日間閉じ込められていたし体の中に-(マイナス)がたまってしまうから。

冷たい空気が気持ちいい、いよいよ冬が来た感じだ。

でもまだ真冬の寒さではないからちょうどいい寒さ。

人が少ないのもいい。

公園の池はカモだらけだった。

 

四日前の洗濯物がようやく乾いた。

 

今日の夜食 セブンの濃厚でスパイシーな堅揚げポテトチップス

おーちゃんへ

俺が辞めて一か月たちましたが少しは楽しめていますか?

多分そうじゃないよね、ごめんね。

俺はこの一か月、悲しい気持ち寂しい気持ちとおーちゃんに申し訳ない気持ちとちょっとのんびりした気持ちと、いつも通りのネガティブな気持ちで過ごしてきました。

やめた後も三日くらいは夜中にこっそりインしてバザーしたりして顔が紫色になったフレ達を見て「なんだこれおもしれー」とか思ったり、おーちゃんやめぐさんから来た手紙を読んでちょっと泣いたりしていました。

辞める前に言われたこととか辞めた後の手紙とかでおーちゃんが「諦めた」とか言った次の日に「諦めが悪い」って言ったりする度に俺の心もぐらぐら揺れてました。

めぐさんも何回か手紙をくれて復帰したらおーちゃんが喜んでくれるだろうなと思いつつもその決断が出来なかった俺は薄情な人間です、ごめんなさい。

 

最初に俺が辞めるって言ったのが辞める二か月くらい前だったと思うけど、その時のおーちゃんは俺の予想とは違って全然驚いてなくて「え、リアクション薄っ」とか思ってた。

でもその後しばらくしておーちゃんが「辞めないでしょ?」とか「なんだかんだ言って続けてる気がする」とか言うのを聞いてなんかその辺の話題に触れにくくなって俺からは言わなかったんだけど、辞める一か月くらい前に改めて話したとき「辞める」って言ったらその時のほうが驚いていたよね。

俺はやめた後のことはたまに手紙書いてやり取りしてとかそれくらいしか考えてなくて最初にやめるって言った時に「おーちゃんが泣いて引き留めてくれたら考えなくもないけど」言ってしまって結果ウソをつくことになってしまいました。

まさか本当におーちゃんが泣いて引き留めてくれるなんて思ってなかったから。

俺はおーちゃんの事を何もわかってなかったね、ごめんね。

その時は俺も当然未練があったし続けられる道があるならそうできればいいなって思ってたからあんなことを言ってしまいました。

おーちゃんが引き留めてくれたのは嬉しかったです、ありがとう。

それでぐらぐら気持ちは揺れたけど色々考えてやっぱり俺はやめたいんだなと思いました、モチベも下がっちゃったしね、ごめんね。

今考えると気にしすぎ気を使いすぎの俺はおーちゃんの事だけじゃなく人間関係に疲れてしまったんだと思う。

ゲームの中なのにね。

オンラインゲームはもうやらないかもしれないし、寂しくなったらまたやるかもしれないし。

今はPS4買ってFF15をやっています。

紅葉を

夏の終わりくらいに母親が「今年こそ紅葉見に行こうよ」と行っていたけど今年もいけてない。

三年連続くらいで母親は言っていると思うけど。

 

仕事辞めたら色んなところに行くよ、とも仕事辞める前は言っていたけど、イタリアに一回行っただけで国内旅行すら行っていない。

父親は全然気が利かないし。

本来なら自分が連れて行ってあげる所なんだけど。

何も出来なくてごめん母ちゃん。

俺がちゃんとしてたら旅行に連れて行ったりおいしいもの食べに行ったりしてあげたかったのに、こんなしょうもない人間になっちゃってごめんよ。